So-net無料ブログ作成

まさかのピンチ! [龍太郎【0歳】]

小太郎とは比べ物にならないくらい、大人しい龍ちゃん。
ドキドキの母子同室初日は、添い寝添い乳を駆使し、オムツ替えに何回か起きたものの、立ち上がることなく一晩終えることができました[わーい(嬉しい顔)]
小太郎の時は、病院の方針で添い寝ができず、授乳も授乳室でと決まっていたせいもありましたが、一晩中寝てくれなかった記憶が・・・(^^;

これなら二夜目も楽勝かなぁ、なんて思っていたら、なんと、龍ちゃんの体重が減っているとのことで、ミルクを足すことになり、ミルクをもらいに授乳室に通うことになりました[ふらふら]
ミルクがもらえるのは、12時、3時、6時、9時の前後30分のみ。
三時間おきに授乳室にミルクをあげに行きます。

とりあえず、ある程度の母乳はでているので、まずは母乳をあげて、足りない分をミルクで補う形に。
母乳の量を測定し、どのくらいのミルクを足すか、助産師さんと相談します。
(母乳の量は、母乳をあげる前後の赤ちゃんの体重を測定し、その差で計算します)
昨夜は、なるべく母乳でいけるように、控え目にミルクを足していきました。

ところが、今朝になって改めて体重をはかってみると、たいして増えてない[ふらふら]
そればかりか、このままだと、明日の退院も危ないとの指摘が[がく~(落胆した顔)]
そんな話を聞いていなかった私はビックリしたのですが、よくよく聞いてみると、赤ちゃんが退院するには、体重が基本的には2300g以上ないといけないとのことなのです。
生まれてすぐの赤ちゃんは、上手におっぱいも吸えないので、必ず体重が減るのですが、2400gちょっとで生まれた龍太郎は、体重が減って2200gになってしまったとのこと。
いやいやいや、そんな話聞いてないよー[あせあせ(飛び散る汗)]
そんな切羽詰まった状況なら、母乳に拘らずにがんがんミルクを足したのにー(涙)
一足先に、私の退院は無事に決まったのですが、肝心の龍ちゃんの退院に暗雲が立ち込めてしまいました[バッド(下向き矢印)]

それを聞いてから、がんがんにミルクを足して、とにかく明日の朝の時点で2300gを超してくれるように頑張ってます。
ただ、後からよくよく確認してみたところ、龍ちゃんの今朝の体重は2280gで、あとちょっとで2300gなので、このままのペースで母乳とミルクをあげていけば、まぁ、大丈夫だろうとのことでした。
あー、もう、焦ったよー[ダッシュ(走り出すさま)]

家に帰ってからも、ミルクを足さないとダメかなぁ、と思ったのですが、頻回の授乳をこなせれば、恐らく大丈夫だろうとのアドバイスをもらったので、とりあえずは母乳オンリーで頑張ってみようかと思います[手(グー)]
頻回の授乳がキツかったり、あまりにも泣くようであれば、その時にミルクを検討しようかな。


小太郎と違い、よくネンネする龍ちゃん。
授乳時間になっても寝てることがほとんどで、毎回叩き起こしての授乳です(苦笑)
小太郎の時は、考えもつかなかったなぁ。

小太郎も、ママと弟の退院を心待ちにしているので、なんとしてでも明日帰れるように、龍ちゃんにはおっぱいとミルクをがっつり飲んでもらわねば!
退院したら、私と龍ちゃんのペースで頑張りたいと思います。

「りゅうちゃん、まってるよー[るんるん]

明日の退院に向けて、頑張るぞー!おー!!
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

chunta

そうなんだよねぇ~
生まれたては 授乳で体力使うから
なかなか 大きくは増えない
「増えりゃいいじゃん」ってのは 間違いだけど
まずは 退院ありき  笑
後は 三時間おかずに泣いちゃうとか
そういうので ミルク調整するしか無いね
頑張れ~~~!!
by chunta (2012-07-23 00:14) 

やっぴー

龍ちゃんとそろって退院できますように。
by やっぴー (2012-07-23 07:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。